水漏れ修理は専門業者へ依頼|水回りリフォーム

男性

中古住宅の水漏れチェック

水漏れ

シロアリやカビの防止

中古住宅を購入する時には築年数を選ぶ時の判断にします。狙い目は築年数が5年以内の物件です。建物の劣化も起こっていませんし、室内設備も長く使用できます。築年数が10年以上の物件は価格が安くなりますが、注意しないとリフォーム代がかかってしまいます。中古住宅を購入する時に大事なのが水回りのチェックです。特にキッチンやトイレなどは水漏れしていることがあるので、素のような時は引き渡しまでに水漏れ修理をしてもらう必要があります。水漏れがしている場合、他の部分も劣化している可能性があるので慎重に調べることです。水漏れ修理をしてもらわないと床下や室内に湿気がこもって、シロアリの被害やカビが発生して健康被害が出ることがあります。

素人がチェックする方法

中古住宅を購入する時には内覧をしますが、その時に水漏れを発見するのは素人には無理な場合があります。そのような時はちょっとした工夫で発見することができます。例えばキッチンの水漏れはシンクの下の排水管を触ってみればわかります。濡れていると漏れている可能性があります。トイレなどは最近は複雑化しているので、ネジ止め部分などから漏れていることがあります。また床の部分がブカブカする場合は水漏れの可能性があるので、引き渡しの前に水漏れ修理をしてもらう必要があります。水漏れ修理を依頼する代わりに値段を下げてもらう交渉をするという方法もあります。その代わりリフォーム費用を出して水回りを全面的に新しくするのです。このような工夫をすれば、快適な住まいになります。

快適な住環境を手にしよう

工事

リフォーム業者に相談することで、快適かつ安心して過ごせる住宅にすることができます。まずは複数の業者に相談するようにしましょう。予算を守ってくれるか、見積金額を丁寧に説明してくれるかを重視して業者を選ぶことが大切です。

» 詳細

突然やってくるトラブル

床

トイレ詰まりは突然やってくることが多く、特に初めての時はどう対処してよいかわからないかもしれません。トイレを使えないことは非常に不自由です。早めの対処が肝心です。

» 詳細

水道のトラブル

浴槽

水道蛇口が経年劣化すると水漏れしやすくなります。しっかりハンドルを締めても水漏れする場合は、パッキンを交換する必要があります。蛇口交換は自分ですることもできますが、水道工事業者に頼んで直してもらうこともできます。

» 詳細